« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

ケンミンSHOW???

0327_019999物凄く久しぶりに『タラコ和え』を作りました。

真鱈の子とツキコンニャクが材料です。

(←タラコが多すぎ

このお料理って某番組で北海道の郷土料理と紹介されていたのだとか。

そうか、郷土料理だったんだ

(ということは、東北辺りでも食べているだろうな)

でも、祖母も、母も作らなかったから、我が家では食べなかったな・・・

食べたくなったら自分で作るしかないので、“母の味”ではなく“自分の味”です。

母はあまり料理上手ではなかったので、子供の頃の懐かしい味はほとんどが“祖母の味”な私。

その中でも、今一番食べたいのが『カスベのぬた』

(カスベ=エイ、ぬた=酢味噌和え)

そうです、北海道ではエイを煮付けたり、から揚げにしたり、酢味噌和えにして食べるのです

祖母が亡くなる前に作り方を聞いておかなかったが残念

   

先日、祖母の三回忌のために実家に帰ったのですが、

今年は雪も多いし、寒いし、挙句に雪まで降っていたし・・・

とても運転する気になれず、妹の車に同乗させてもらったけど、

彼女の車は左ハンドルだから、助手席が右側なのよね。

ちょっと怖かった

それよりも、実家の隙間風のお陰でまた風邪をひいた気配にすっかりブルーな私なのでした

| | コメント (5) | トラックバック (0)

色が・・・、

20120323134000000最近、地下鉄さっぽろ駅の何本もの柱に貼られている広告なんですけど、

青色なんですが、ちょっと蛍光っぽいのすごく目立つんですよ。

特にガチャピンの青が・・・

うぅっ、色が・・・

気持ち悪いよ

映画『アバター』を思い出す色だし、

そう思うと、余計気持ち悪くて・・・B016128312b0c1012980ll_2


ねっ、ねっ、似てるでしょう

ああ、またこの色が夢に出るかも・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

結構なお品

2012032109070000_2今朝も、カフェで本など読みながらコーヒーを頂いております。

本はAmazonのマーケットプレイスで買ったもの。

「購入者粗品進呈」とあり、本に同封されていたのは「紙風船」でした

懐かしい。

懐かしいけど・・・

という訳で、 只今紙風船は栞になっております

(ふくらませる気にならないし・・・

ちなみに、

紙風船の奥にあるペンケースは化粧品のおまけでした。

こちらは頂いてから大活躍しております

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅立ちの日

日差しは強くなってきたし、春らしいけど、気温が低いのよね~

なので、まだダウンコートを着ております。

が、気付けば今月も既に半月経ったんですね。

0301_007777_2もう冬や、寒さや、雪には飽きがきているんで、本当に春が待ち遠しいです。

なので、3月のカレンダーが本州仕様で春らしい景色だったりすると嬉しいんだけど、

けど、

JR北海道のカレンダーの3月は知床の流氷の写真だったりします

白い風景には飽き飽きなので、ちょっとうんざり

JR北海道さん、来年はもう少し春らしい風景にして下さい

    

今日は市内の中学校の卒業式

近所の女子大も卒業式

せっかくの『晴れの日』なのに、外は吹雪き

こういう日は晴れていてほしいよね

卒業式のための衣装の汚れも気になるし

数年前の今頃に、振袖・はかまの女の子と、後から女の子の袖を持って付いて歩くお母さんらしき人を見かけたことがあります。

その日もやっぱり悪天候だったな

女子大の卒業式に出る子だったようです。

そんな事を思い出しつつ、卒業する若者が希望を持って旅立って欲しいなと思うのでした


| | コメント (2) | トラックバック (0)

予感

3月は暖かいって予報だったのに、寒いですぅぅ~

でも、先月中旬あたりから徐々に日差しが強くなってきました

0301_00222_4春遠からじって感じがします。

なので、入浴剤も“春仕様”

『イイ予感!いよかん』

なんだか、春から縁起がいい感じ

別に我が家に受験生がいるわけではないけれど、

商品名に一目ぼれしちゃったのです

(ちまたにあふれる受験生向け語呂合わせ商品の行き過ぎ加減には眉をひそめているのに・・・

0301_00333先月下旬の誕生日にも春仕様のケーキを購入

「もりもと」の『さくらモンブラン』です

薄いピンク色って春を感じさせるわよね~

などと思いつつ頂いたら、甘っ

すっげ~甘い

「もりもと」のケーキってこんなに甘かったかしら???

といいながら食べちゃった

肥えていく予感


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »